自分らしさを色で表現してみる

更新日:

デザイナーのつぶやき

私が幼稚園の頃。昭和の時代の話ですが。。。

お友達に何色が好き?と聞かれた私は、「黄色と紫」と答えました。3色スミレ(パンジー)が好きだった私はそう答えたのです。

すると「たまおちゃんって、変!」とはやし立てられました。

ダイバーシティー(多様性)が重要視される現代では考えられないことかもしれませんが、当時は女の子の好きな色は赤やピンク。男の子は青や緑。となぜか決められていたように思います。

とはいっても、女の子は自然とピンクや赤が好きなのは今も昔も変わらないとは思いますが。でも、小さい頃の私はピンクの服は着たいと思っていませんでした。わざわざみんなと同じようにしたくなかったから。

小さい頃から、私はクレヨンや色鉛筆が大好きでした。残念ながら、絵の才能は全くないので、活用できないのですが、眺めていることが、とても好きでした。

芸大や美大で学んでいないので、私は色の知識はありません。でも、この色の組み合わせが好きとかこの色はあまり好きじゃないという好みはとてもはっきりとしています。

それは、今の仕事にとても役立っています。お客様がバッグを選ぶのをお手伝いしたり、セミオーダーのご相談を伺っている時、この方にはこの色合いの生地がお似合いだとか、この色の革を組み合わせて、なりたいイメージになって頂きたいとか、そんな事が自然と出来るようになっていました。

逆の言い方をすれば、どのお客様も似合わない色はないとも思っています。気に入って選んでくださった色で、その方の見え方、印象が変わっていきます。

人はみな、多様性があります。色によってかっこよく見える日もあるし、とてもかわいらしい雰囲気を纏うこともあります。なので、お客様が選ぶのを迷われている時は、私が感じる、お客様とそのバッグの見え方、つまり色によって違って見える印象をお伝えするようにしています。

では、私自身は?と聞かれると、私も色で印象を変えているところがあると感じます。

カラー診断が流行った頃があって、私もやってもらいました。その診断された色はきっと肌なじみが良いのだと思いますが、バッグは顔から離れているから、全く気にせずに、いろんな色のバッグを持ちます。

洋服は、好きでも似合わない色もあるので、一概には言えませんが、ファッションは好きなものを着るのが一番かなと思います。体型はとても重要ですけどね。私はそこは苦労しております。(痩せればいいんですけどね。。。笑)

そんな私が今、気になる色は、なんと言っても、グレーがかった色です。グレイッシュピンクとかスモーキーブルーとかグレーとかとか。ニュアンスのある色味が気になって仕方がありません。

そんな色合いのレザーバッグを作りたいなあと革を仕入れました。仕上がりを楽しみになさってくださいね。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.