ひとつのバッグができるまで。

生地を買い付ける

世界各地を旅し、「美しさ」と「品格」をひとつのバッグに

デザイナー自らが足を運び、生地のデザイン、質感、厚みなどをすべてチェック。これは、という生地だけを世界各国で買い付けます。買い付けた生地には限りがあるため、創り出されたバッグは、ほぼ一点ものになります。

デザインを決める

生地選びから金具選びまで。デザイナーがひとりで行っています。

まずはじめに、生地のデザインに合わせてバッグのパターンを決め、次に組み合わせる革の色を選びます。
生地と同系色にしたり、あえて意外性のある配色にしたりと毎回趣向を凝らします。
裏地も同様で、お客様が中身を出し入れされる際に最も目にされる部分なので、色選びは毎回慎重に行っています。
持ち手の形や金具の形状、さらに裏に貼り付ける接着芯選びまで、デザイナーがひとりで行っています。

製作過程

女性職人の手で、丁寧にひとつひとつの工程を行っています。

わたしたちのバッグは、すべての工程を職人による手作業で行っており、デザイン性のみならずその質の高さから多くのお客様にご支持いただいております。
末永くお使いいただける耐久性や強度を保つため、裁断から縫製、仕上げまで、こだわりぬいた方法で、手間と時間を惜しまずつくりあげております。

出来上がり

末永くお使いいただけるために、出来上がったバッグはアトリエ内の専用スタジオにて撮影し、記録として残します。

わたしたちのバッグはどれもほぼ一点物のため、同じ製品が存在しません。このため、完成したらアトリエ内にて撮影を行い、万が一の修理などが発生した際の記録として、仕様書と共に保管します。

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.